美崎慶一 Misaki keiichi 2006



同時代ギャラリー 京都三条

スケッチブックを抱えて冬の動物園へ、仲間といっしょに
陽射しが暖かそうだ

絵描きのシアワセなじかん

プラスチッキーな造作物に包まれて
低い太陽が眩しい

木製テーブルがアルミに変わっても
水筒がペットボトルに変わっても
ゴミ箱が分別方式になっても
日曜日でも水曜日でも

鳩は餌を求めて歩き続ける
日向に陰に、朝も昼も夕方も

無心に
無防備
視線を下に向け、キョロキョロと

画面を横切ってゆく

0 件のコメント: