境泰子「morning time」2009年



「morning time」
ソフトグランド、エッチング、アクアチント、ドライポイント
21cm×105cm  額装は別注



横に長い紙に、次々に朝のじかんが展開してゆく

何度刷りだろう、もしかしたらローラーを9度抜けているのかも・・・

一枚の銅版に「化粧」がほどこされてゆく

素顔が道具によって刻々と変化してゆく。映像ではなく、版画でその表現に取り組んでいる。口紅の赤は、関西的には「おち」なのか

人は道具とじかんをかけて変化してゆく。この版画をつくるためには頭の中の道具立てがかかせない。あーなって、こーなって、そーなるんだ、って。たっぷりとじかんが、かかっていそうだ

作品はじかんの蓄積。その人の一番大切なじかんが注ぎ込まれている

0 件のコメント: