銅版画 大山幸子 A DryDay

制作から時間を経て独特のニオイはしない。でも確実にギャラリーCOCOのマップケースのニオイがしてくる。多くの作家達が柴谷さんに作品をゆだねていた。当時すでにamericanexpressのカードが使えた画廊。ドアのヨコに張ってあったブルーのシール。少し小さめの作品はボストンバッグの書類ケースに挟み込まれて「西洋」へ持ち出された

「むかしの都ホテルのお客さんは上等やった」近所の喫茶店のオーナーが言う

英語が上手だった柴谷さんが作家達に求めた「売れるもの」の意味が少し見えたような気がする。この大山さんの作品も、そんなお眼鏡にかなった一品

「a dry day」 18/20 エッチング
18cm X 12cm 

0 件のコメント: