美崎慶一展 2009 「after the harvest」 F100 Misaki Keiichi

稲刈りの後にスズメがむらがっている。すずめはドローイング、線で表現されている
ケータイを見つめる女性。彼女は別のコミュニケーションの中にいる

入れ子のような、重なり合うじかんが流れて

いいお天気の一日が過ぎ去ってゆく。スズメ?

「ウチの庭にもスズメがやってきます」
「なぜか分からない、なぜでしょう」

具象的風景の中を飛ぶ「線」描き手の世界に「言葉」分け入るのは、なかなかかなわない

じぶんの目で見える世界を一つにしてみること
それが美崎さんの絵を楽しむポイント

ちょっと、右脳の力も借りつつ



F100 21万円 税別
リビングにお気に入りの絵画を

0 件のコメント: